求人情報を見るときのポイント

求人の情報が掲載されているのは求人サイトや求人誌、そして新聞の求人広告などがあります。いずれの情報媒体でも掲載されている内容は基本的に同じものであり、不明な点については電話などで直接確認する必要があります。求人情報を見るポイントとしてはまず業種や仕事内容、そして勤務地や資格の有無などの条件が自分に合っているかどうかを判断することが挙げられます。当たり前のことかもしれませんが、自分に出来る仕事かどうか、または無理なく働けるかどうかを判断することは重要なことです。
そして次に、待遇や条件などの詳しい内容をチェックします。勤務形態や勤務時間、そして給与などが基本ですが、ほかにも社会保険や諸手当などチェックする必要があるでしょう。「勤務形態」については、正社員・契約社員・バイトがあり、給与面や社会保険などの面での待遇が全く異なりますし、正社員とそれ以外の非正規社員は全く別物だと考えた方が良いでしょう。「勤務時間」については、通常勤務(昼間の勤務など)以外の残業や休日出勤、深夜勤務などを要請される場合がありますが、これらの特別な勤務については通常勤務の25%増しの給与を支払わなければならないという法的な規定があります。そして単なる「週休2日制」は、月に一回週休2日があるという意味であり、毎週2日休める「完全週休2日制」とは違うということも知っておくと良いでしょう。とにかく求人情報だけで判断せず、条件面などで少しでも気になった点があれば、電話や面接時にちゃんと確認しておくことが重要だと言えます。様々な勤務形態がありますが、まずはバイトや契約社員から始めて正社員になるという形をとる企業もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です